キャリアアップして、
より女性が働きやすい
職場づくりに挑戦したい。

デルゼビッグサイト竹尾店
メンバー

神田彩花2017年入社

自分の意見を臆せず言えるようになりました。

ホールスタッフとして、開店前の遊技台の動作点検から営業中の巡回や除菌、エラー対応、閉店後の機器の洗浄といった基本的な業務、そして最近では後輩指導やお金の管理など、少しずつ仕事の幅を広げています。制服を着ると「よし、頑張ろう」とスイッチが入ります。店舗周辺のゴミ拾いも行っており、地域の方から「頑張っているね」と声をかけていただくこともあります。
入社前は自分の意見を口にすることが苦手でしたが、デルゼは年齢や肩書きにとらわれず耳を傾けて、提案を採用していただけるので、今では上司にも意見を言えるようになりました。意見を言うことに抵抗がなくなったことで、プライベートで友達からも「明るくなったね」と言われます。
ホール業務の一番の醍醐味は、お客様とのコミュニケーションです。遊技台の話からプライベートの話まで、声をかけていただくことも多く励みにもなっています。店内のPOPやポスターなど販促物の見せ方を工夫すると、ダイレクトに反応を感じられるのも現場ならではのことです。現場の目線を生かして、どういった景品が喜ばれるかなど、お客様に一番近い立場を生かした企画提案に携わっていきたいです。

できることが少しずつ増えていくことを実感しています。

高校に届いていた求人票を見つけたことがデルゼとの出会いでした。CMや店舗見学の印象から楽しく働けるイメージが膨らみましたが、当初家族からはパチンコ業界に良い印象がなく「なんでパチンコ店なの?」「ブラック企業じゃないの?」とネガティブな反応もありました。実際はしっかりお休みも取れるし、何よりも生き生きと働いている私の姿を見て、今は印象が変わったみたいです。
最初にホールに立った日はガチガチに緊張していた私ですが(笑)、少しずつ仕事に慣れ、「このエラー対応できますか?」と相談されて「いけます!」と関わる場面が増えてきたことに、自分の成長を感じています。
今の私の目標は、新人時代に私を担当してくれた女性の先輩です。初心者の自分にもわかりやすく説明して常に笑顔で接してくださいました。接客から遊技台のこと、働き方まで相談しやすくたくさんの影響を受けました。自分が後輩指導をする際も、笑顔や話し方を意識するよう心がけています。
まだまだデルゼには会社全体の経営に関わる女性の本部スタッフが少ないですが、かつて私を指導してくださった先輩が本部で活躍する前例を切り開いてくれています。女性同士だからこそ相談しやすい悩みや思いもあるからこそ、私もステップアップして将来は本部の仕事に就き、デルゼの内側からより魅力的な職場環境を作っていきたいです。

Q&A

休日の過ごし方は?

ゲームが好きで、任天堂スイッチやスマホのゲームで遊ぶことが多いですね。また、今は新台が出るとYouTubeに体験した人の動画がすぐに上がるので、休日や勤務日の帰宅後に、チェックしたりもしています。

あなたにとってデルゼとは?

働く場所であり、自分自身が成長できる場所です。新卒の入社時から竹尾店に配属になり、パチンコの知識も社会人としての常識も、全てここで習ってきました。挨拶一つからダメなところはしっかりと指摘してもらえたので、直していきながら、成長していくことができています。

就職を目指している人へメッセージはありますか?

デルゼはやりがいのある職場なので、ぜひ入社した方がいいと思います。昇進は店長の推薦を受けてから、面接や試験を経て決まります。自分の仕事の成果がそのまま実績として評価され、査定に反映される、やりがいのある会社です。