みんなから頼りにされる存在。
そう言われるために。

デルゼビッグサイト竹尾店
カウンターリーダー

佐藤華子2009年入社

憧れの先輩のように仕事がしたい。

私は、デルゼ竹尾店でカウンターリーダーをしています。仕事の内容としてはカウンタースタッフの指導と、カウンターへの要望に対する改善です。カウンタースタッフもホールに出ることもありますし、ホールスタッフもカウンターに入ることがありますので、その連携をうまくできるようにするのが私の仕事です。入社したての頃はパチンコの知識が全く無く、先輩に教えてもらいながら今まで8年間やってきました。新しいスタッフが入って来た時は、自分の入社時のことを思い出しながら相手の立場に立って教えることを心がけています。仕事のやり方は、憧れていた先輩を意識しています。何かを決めなくてはいけない時は、スタッフ全員の意見を聞いて、スタッフが納得してから決定するというやり方を受け継いで、スタッフ一人ひとりに向き合い、お互いに思っていることを言いやすい環境の中で指導できるよう心掛けています。ですので、カウンタースタッフは先輩後輩分け隔てなく意見を言い合える、仕事のしやすい環境で働けると思います。今、新しい女性スタッフが入ってきてカウンターのことなど色々と教えていますが、自分から仕事を楽しんでいるのがよく分かって「新しいことを教えてください」と言われるんです。積極的ですごいなと思いますし、私の方が刺激をもらっているくらいです。

スタッフから伝わってくる会社の空気。

私がこの仕事に就いた理由は姉です。高校時代、就職で悩んでいた時に姉に相談しました。私は人と関わる仕事がどうしてもしたくて、でも、どんな仕事に就きたいかまでは決まっていなかったんです。その当時、姉はパチンコ店のコーヒーレディーをしていたんですが、相談を聞いてもらい、接客業のアドバイスとして姉のパチンコ店の仕事の内容を聞いているうちに、この仕事に興味を持つようになりました。高校時代は部活ばかりしていてアルバイトをしたことがなかったので、社会に出るということ自体に不安があったのですが、その不安もすぐに無くなりました。最初に面接へ行った時に、お店の裏口が分からなくて普通にお店の入り口から入ってしまったんです。高校生なので本当は表から入ってはいけなくて、怒られると思ったんですが、その時に対応してくれたスタッフさんが笑顔で「がんばってね!」と言ってくれて、すごく良い雰囲気の会社なんだなと思いました。パンフレットのスタッフコメントなど読んでいても良いなと思いましたし、面接を担当してくれた方も気さくで、終止笑顔で面接をしてくださって、「あ~、この会社を選んで良かった!間違ってなかった!」って思いました。まだ採用もされていないのに。

Q&A

休日の過ごし方は?

友人と遊びに出掛けたり、映画や好きなアーティストのDVDを観て過ごすことが多いです。

デルゼで一番思い出に残っている出来事は?

私もスタッフとして参加したデルゼ黒埼店のグランドオープンです。準備の段階から、店長はじめ働くスタッフ全員から『オープンを成功させるぞ』という強い意気込みを感じ、私も自分のできる仕事を一生懸命にこなしました。オープン初日の営業を終えた時、スタッフから自然と歓声が上がったのが今でも忘れられません。あの時の一体感や達成感は一番の思い出として残っています。

今後の目標は?

『みんなから頼りにされる存在になること』です。8年間働いてきて、私の一番輝ける場所はここなんだと実感しています。会社も今以上に女性スタッフが働きやすい環境をつくり出しています。そんな会社の期待に応えるためにも、みんなに信頼され必要とされるよう、カウンター業務以外にも店舗全体でマルチに活躍できるスタッフになることが私の目標です。