お客様の声に、耳を傾ける。
そんな当たり前のことを、大切にしたい。

デルゼビッグサイト川崎店
支店長

外山広行2008年入社

お客様の声に、耳を傾けたい。

店長としての私の仕事は、店の運営、売上の管理、お客様への設備・商品の提供、遊技台の管理、人材育成など、様々な内容があります。ただ、何をする時も一番に考えているのは、お客様に何を提供できるかということ。お客様がまた遊びに来てくれるためにはどうしたら良いか、このお店を好きになってもらうにはどうしたら良いか、そのことを一番に考え、自分には何が出来るのかという順番で、日々、お客様のニーズに応えるため、業務に当たっています。そのために大切にしていることがお客様とのコミュニケーション。お客様の顔を見て直接会話をし、徹底的にお客様の声に耳を傾ける。当たり前のことですが、その当たり前のことがとても重要だと思っています。ですので、私は毎日ホールに出ます。店長という立場上、ホールばかりに立っていることはできませんが、時間を見つけてはお客様がデルゼに何を求めているのか、いつもアンテナを張っています。

時々、お客様からお手紙をいただくことがあります。設備に関する要望であったり、スタッフの対応が早くて良かったなどのお褒めの言葉をいただいたりと内容は様々ですが、そういうお手紙をいただく度に、お客様の声に耳を傾けたいという私たちの姿勢は、お客様へも届いているのかもしれないと、やり甲斐を感じます。

仕事を任せるからこそ、成長できる。

スタッフには、仕事を出来るだけ任せるように意識しています。企画を立てる時でも、スタッフに「こういうことを企画中なんだけど、一緒に考えてみないか?」と仕事を振ったり、簡単な仕事だったとしても、直接声をかけてスタッフに仕事を振り分けていくようにしています。そうするとスタッフは「仕事を任された!」という意識が芽生えると思うんです。実際に、私が考えていたよりも沢山の企画を考えたり、私が期待していた以上のことを自分で考えてやりだしてくれます。以前はスタッフのことを考えて「忙しいだろうから自分で出来ることは自分でやろう」とスタッフに振らず、自分で仕事を抱え込んでしまうことが多かったのですが、この「任せる」というスタンスを取るようになってから、社員一人ひとりの成長が著しく、スタッフの働き方に感心させられることが多くなりました。今では、一人ひとりがそういう成長を見せてくれるので、私自身も新しいことにチャレンジでき、店舗としてのレベルアップにも繋がっていると思います。

Q&A

休日の過ごし方は?

家族サービスですね。家族は大事ですから。本当にフリーな時間が出来たら、いつもは行けない離れたパチンコ店に行ったりしてますが、結局仕事モードになってそのお店の分析を始めてしまいます。

パチンコ以外の趣味と言えば?

料理ですね。休みの日は私が料理担当なんです。担当と言うとやらされてる感が出ますけど、単純に料理が好きなんです。気分転換にもなりますし、家族も喜んでくれます。イタリアンが好評ですね。

店長という立場ですが、どんな職場を目指していますか?

「こういうことをやろう!」とみんなで決めた時、それに向かって団結できる職場を目指しています。「いざという時」「大事な時」に一致団結できる。全員が同じ目標に向かって動ける。そういう職場を目指しています。みんなの目標が一つ達成されると、スタッフ全体の士気が高まるんです。そうすると、普段の仕事への意識も変わってきて、自店を良くしようという意識が増すんです。そういう経験はスタッフ一人ひとりのためにもなっていると思います。